>
南インドの僧院
試験中の里子の様子/Sponsored monk during examination
チベットから来た青年僧達は勉強中で全く収入がない。チベットから来た僧は気候関係の病気(チベットは寒く、南インドは暑い)に罹ることも少なくないが、治療を受ける為にはお金が必要。僧院内の診療所では無料で治療を受けられるが、病気によっては遠く離れた病院へ行かなければならない場合もある。また結核の場合、僧院で出されている食事だけでは栄養が足りないので、自分でもっと栄養のある食べ物を買わなければならない。僧侶の衣装も自分で買わなければならない。チベットから来た僧侶たちは大抵卒業した僧侶のお下がりを着る。しかし洗濯すると着替えるものも無い。里親が無いと仲間に借金するしかないが、勉強が終わるまで返すことも出来ない。彼らは仏教哲学、芸術などを勉強する為に沢山の経典を買わなければならない。色々な試験を受ける時にもお金が必要なので、彼らにも里親が必要だ。
里親費一ヶ月3500円
Sponsorship of a monk from Tibet is 3500Yen per month.
Monks in south India
Tibetan monks have no income during their many years of study. Many of them are not used to the heat , food, and water, of India and get sick. Although there is a dispensary inside the monastery where they get treatment free of charge, they have to go to an outside hospital for tuberculosis (TB) and for other ailments such as eye complaints. TB cases require proper diet and medicine not available at the monastery. Every monk has to buy fabric for his robes, and often he cannot afford new fabric so he wears used robes borrowed from other monks. They also have to buy many religious texts for their studies, and when they don’t have the money, they borrow from another student to buy the texts. When the monksadvance in their studies they need additional funds for their exams, therefore sponsors are needed.
Sponsorship of a monk from Tibet 3500Yen per month
お堂内で食事をしている僧侶たち。Eating monks inside the temple.

勉強している僧侶たち。Monks are studying.

若い僧侶達は、寄宿舎建設コストをなるべく安くする為、工事に手伝っている。By helping with the construction of their dormitory, the monks keep the construction costs as low as possible.


   
   
 出来上がった寄宿舎の二階を掃除している僧たち。
 当会は以前僧侶の寄宿舎の一階を寄贈し、その後二階も寄贈したが、セメント、給料などは次付き値上げした為、建設が中々進みませんでした。なお現在の寄宿舎の二階はほとんど出来上がったが、後40万円が足りない為、皆様のご協力をお願いいたします。  郵貯銀行  郵貯銀行
口座番号   01080-1-55781
銀行口座名 ベット・スノーライオン友愛会
 集めたご寄付  17万5千円

里親について  About Sponsorshi